• TOP
  • 志すもの
  • 薬局未来塾
  • 鍛!薬剤師力
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新情報
  • 薬局未来塾NEWS
  • お役立ちリンク

  • 本気 DE 薬剤師.com

最新情報

<連載>鍛!薬剤師力 第88回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第88回を掲載。発表された「人生100年時代構想会議」の目的と主要テーマについて考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第87回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第87回を掲載。個店保険薬局VSチェーン保険薬局・ドラッグストア(調剤併設含む)。そのビジネスモデルについて考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第86回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第86回を掲載。薬学部6年制教育時代のプラスα学習とは何か?について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第85回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第85回を掲載。ヘルスケア事業のビジネスモデル策定計画について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第84回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第84回を掲載。良好な組織論の実現方法手順について考えます(簡易版)。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第83回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第83回を掲載。来年度の予算案編成から、調剤報酬改定の行方について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第82回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第82回を掲載。かかりつけ薬剤師・薬局の業務を評価する『KPI:Key Performance Indicator』--重要業績評価指標とは。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第81回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第81回を掲載。保険薬局の医療事務ランク付け設定について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第80回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第80回を掲載。薬学部新入生の皆さん、目標設定することの大切さを考えましょう。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第79回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第79回を掲載。ヘルスケアと保険薬剤師・薬局の関連性について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第78回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第78回を掲載。教育現場である大学と活躍現場である保険薬局等の連携ついて考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第77回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第77回を掲載。平成30年度の診療報酬改定に向けた現状と課題について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第76回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第76回を掲載。城西大学大学院薬学研究科の「医薬政策管理分野」と「栄養政策管理分野」設置から見えてくるもの。

【詳しくはこちら

本年4月開講。城西大学大学院薬学研究科に「医薬政策管理分野」設置。

城西大学大学院薬学研究科に「医薬政策管理分野」と「栄養政策管理分野」が設置される!(2017年4月から開講)
薬学研究科薬科学専攻・博士前期課程<医薬政策管理分野>

超高齢化が急進する我が国において、医療、福祉、在宅・介護に対する有能な人材の投入や物的資源の有効活用は国民の健康と生活の質に影響を及ぼす重要な政策課題である。また、これらの領域では仕事の細分化や高度化に伴い、多職種連携を重視した安全かつ効率的な管理や経営が求められる。また一方で地域住民の健康をサポートする人材育成と、近年、急速に進化し続ける健康産業における適正な管理・経営は、急増する医療費に歯止めをかける有効な方法と考えられる。
本医薬政策管理分野では、質の高い医療、福祉、在宅・介護および健康サービスを提供するために、効率的かつ戦略的な管理運営を行う知識と技能を兼ね備えた医薬政策管理の専門職を養成することを目的としている。取り分け、これらヘルスケアサービスの中心になるドラッグストアや保険薬局で管理職を目指す社会人や病院の管理者あるいは行政の医療政策部門を目指す人材を対象にしている。また、本分野においては、本邦初の薬学を起源としたシンクタンクの設立を視野に、これまでの診療報酬偏重型からペイシェントファーストあるいはシチズンファーストに基づく、医薬政策管理業務をリード・実践できる人材育成を目指している。

医薬政策管理分野では、医薬政策と医薬管理の分野において、以下の学力や意欲を有する人を受け入れる。

1.健康、医薬、福祉および在宅・介護の分野で、医薬政策だけでなく医薬管理分野における専門性の高い能力を身につけたいと思う意欲のある人。
2.地域住民の健康をサポートするヘルスケア産業の管理・経営の能力を身につけるだけでなく、グローバルな視点に立脚した健康支援活動を目指す意欲のある人
3.医療、福祉、在宅・介護分野の基本的な知識を有しており、国際レベルの研究推進能力を身につけたいと思う人

<カリキュラム>
【共通分野】
必修科目:総合薬科学演習、先端薬科学特論、修士論文研究
【医薬政策管理分野】
選択科目: 医薬政策管理特論、医薬政策管理特論演習、ヘルスケア産業経営管理特論、社会保障制度特論、医療マーケティング特論、サプライチェーンマネジメント特論、食と健康特論、緩和ケア特論、地域医療連携特論

願書提出期間:2017年2月27日から3月3日
入試日:2017年3月15日(水) 
合格発表:2017年3月17日(金)

<連載>鍛!薬剤師力 第73回掲載しました

鍛!薬剤師力 第73回を掲載。2017年度のスタートに当たり、<地域医療連携推進法人>について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第72回掲載しました

鍛!薬剤師力 第72回を掲載。今回は、2017年度に向けた<保険薬局階層別展望>について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第71回掲載しました

鍛!薬剤師力 第71回を掲載。今回は、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第70回掲載しました

鍛!薬剤師力 第70回を掲載。今回は、「業種」と「業態」の視点から、保険薬局を考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第69回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第69回を掲載。今回は、これからの保険薬局展望について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第67回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第67回を掲載。今回は、少子・超高齢化=人口減少社会における薬剤師の責務について考えます。

【詳しくはこちら
▲ページTOP