• TOP
  • 志すもの
  • 薬局未来塾
  • 鍛!薬剤師力
  • 会社概要
  • お問い合わせ
最新情報
  • 薬局未来塾NEWS
  • お役立ちリンク

  • 本気 DE 薬剤師.com

最新情報

<連載>鍛!薬剤師力 第66回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第66回を掲載。今回は、3回シリーズでお届けする「独立開局」への具体的実施手順、最終回です。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第65回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第65回を掲載。今回は、3回シリーズでお届けする「独立開局」への具体的実施手順、第二回です。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第64回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第64回を掲載。今回は、「独立開局」という夢の実現のために、具体的な準備・実施方法について、3回シリーズで考えたいと思います。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第62回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第62回を掲載。今回は、国民の健康な生活を確保する薬剤師の任務について、改めて再確認しましょう。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第59回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第59回を掲載。今回は、6年制薬学部のカリキュラム概要について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第58回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第58回を掲載。今回は、保険薬局としてのあるべき姿を実現するための階層別展開について考えます。

【詳しくはこちら

5月19日(木)小田原市保険薬局様にて、講演会実施。

日 時:平成28年5月19日(木)19時~20時30分
内 容:平成28年度調剤報酬改定から考える今後の保険薬局展望

①平成28年度診療報酬・調剤報酬改定の答申にあたって(発言骨子)
② 「かかりつけ薬剤師指導料」取得方法
③“地域住民よる「かかりつけ薬局」選挙”実施中
④ 「かかりつけ薬局」機能(評価)項目
⑤P3C活動(P3+3C+PC活動)
⑥保険薬局における三術
⑦保険薬局の経営・運営概念
⑧保険薬局運営概念
⑨保険薬局の展望
⑩今後の自薬局における方向性を明確にして、実践する猶予期間
⑪保険薬局の活動視点(活動基本指針として)

<連載>鍛!薬剤師力 第57回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第57回を掲載。今回は、保険薬剤師、保険薬局の競争原理が激化する中、自薬局の将来展望について考えます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第55回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第55回を掲載。今回は、FIP代議員会議で採択された「薬剤師の誓い」をご紹介します。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第54回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第54回を掲載。今回は、保険薬剤師の3C活動について考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第53回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第53回を掲載。今回は、処方箋応需増加メカニズムの戦略立案を考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第52回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第52回を掲載。今回は、平成28年度診療報酬・調剤報酬改定の答申にあたり、その発言骨子から考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第51回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第51回を掲載。今回は、薬局機能としての「かかりつけ薬剤師」について考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第50回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第50回を掲載。今回は、「保険薬局における“口コミ・紹介効果”とは?」について考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第49回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第49回を掲載。今回は、「かかりつけ薬局と健康サポート薬局との関係」について考えてみます。

【詳しくはこちら

平成28年 年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。

平成28年における保険薬局業界は、
まず調剤報酬改定が実施され、昨年まとめられました「患者のための薬局ビジョン」の実現に向けて、厚労省は点数誘導していくことになります。
同ビジョンに示された“累次にわたる改定で対応”が実行されることになります。

また昨年発表された「健康サポート薬局」指定により、保険薬局の競争原理を発生される第一歩になると考えます。
その兼ね合いから2025年に向けた「地域包括ケアシステム」への保険薬局の参画が推進されることが予測されます。

各店舗において今後どのような保険薬局を目指していくのか?そのためには何を実践するのか?店舗全社員の協力体制は?等々
真剣に考え、社会的背景を真摯に受け止めることが大切です。

株式会社ファーマ総研としましても、出来る限りの当業界への提案・提言を発していく所存です。
本年もよろしくお願いいたします。
                   株式会社 ファーマ総研
                   代表取締役  吉村 磯孝

<連載>鍛!薬剤師力 第48回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第48回を掲載。今回は、「薬局における管理栄養士活動の現状と問題点」について考えてみます。

【詳しくはこちら

<連載>鍛!薬剤師力 第47回掲載しました。

鍛!薬剤師力 第47回を掲載。今回は、「患者様(処方箋)の流れに伴う、保険薬局経営、運営の方向性」について考えてみます。

【詳しくはこちら

12月5日(土)城西大学薬学部・薬友会40周年記念シンボジウム開催。

日時:平成27年12月5日(土)13:30~17:30
場所:城西大学清光ホール
参加者:約100名(学生、教員)

「城西大学薬学部・薬友会40周年記念シンボジウム」
“薬友会40周年 就職のための薬業種研究討論会” が開催されました。

城西大学薬学部卒業生6名のシンポジストをお招きして、講演会が開催され、
ご出席の皆様方との質疑応答及びに討論会が行われました。
私はファシリテーターとして、活発な討論を演出し、
シンポジウム終了後は、個人相談会を開催いたしました。

11月28日(土)城西大学の薬局管理栄養士研究会で講演しました。

<第10回 薬局管理栄養士研究会>
■11月28日(土)13:00~17:00教育講演実施。
■場 所:城西大学東京紀尾井町キャンパス
■参加者:約100名(現職管理栄養士、薬局開設者、学生、大学教員等)

「保険薬局・ドラッグストアにおける管理栄養士活動の現状と問題点・将来的展望」
と題し、教育講演を実施しました。
講演後、参加者がグループディスカッションを行い、私はコメンテーターとして発言をいたしました。
続いて、9演題のポスター発表が実施され、各ブースに対して質問とアドバイスを行いました。
その後、親睦会があり参加者全員で意見交換しました。
大変有意義な研究会であったと思います。本日得たこと感じたことを、社会的活躍現場及び教育現場で具現化していただければ幸いです。

▲ページTOP