• TOP
  • 志すもの
  • 薬局未来塾
  • 鍛!薬剤師力
  • 会社概要
  • お問い合わせ
鍛!薬剤師力
  • 薬局未来塾NEWS
  • お役立ちリンク

  • 本気 DE 薬剤師.com

鍛!薬剤師力

薬局・薬剤師業界は今、大きな変革の時を迎えています。
薬剤師という仕事がより輝きを増すのか、それとも輝きを失うのか、それを決めるのは、薬剤師であるあなた自身です。
新たな時代が求める薬剤師力--もっと、磨きましょう。鍛えましょう。

株式会社ファ-マ総研 代表 吉村磯孝

【第71回】医療費控除の特例--セルフメディケーション税制。

●OTC医薬品の購入で税金が戻る?! 2017年からセルフメディケーション税制が始まります。 医療費控除の特例であるセルフメディケーション税制とは、OTC医薬品の購入費用が高額になったとき、一...
→もっと読む

【第70回】保険薬局における「業種」と「業態」。

●「業種」と「業態」--さて、その違いとは何でしょう。 「業種」とは、取扱商品の種類がなんであるのかということで小売業を分類したものです。 例えば、八百屋や酒販店、電器店、薬局など、特定の製品...
→もっと読む

【第69回】今後の保険薬局展望について考える。

●地域住民よる「かかりつけ薬局」選別。選挙戦真っ最中! <「かかりつけ薬局・薬剤師」の制度化> ★面分業   ★在宅医療・介護参画 ★物販等(「 かかりつけ薬局」機能(評価)項目) (...
→もっと読む

【第67回】少子・超高齢化=人口減少社会における薬剤師の責務とは

●保健(健康)分野、そして健康寿命の延伸への積極的関与。 ①保健(健康)分野への積極的活動 (ヘルスケアアプローチ)       ②健康寿命の延伸               ◎社会保障費...
→もっと読む

【第66回】薬局開局(独立開局)への具体的実施手順-第三回-

■薬局開設に当たり、ご自身と薬局の展望についてどう考えるか? <展望の具体例> ①薬剤師ご自身のスキルアップをしたい。 ②薬剤師・薬局の付加価値を向上したい。 ③1日の処方箋応需枚...
→もっと読む

【第65回】薬局開局(独立開局)への具体的実施手順-第二回-

■記入シートに基づく立場別の指導・アドバイス。 <薬学部学生編>独立開局の第一歩は、就職先(会社)選び。 就職先(会社)で学ぶことは、①薬剤師としてのスキル②薬局運営③経営ノウハウ④そ...
→もっと読む

【第64回】薬局開局(独立開局)への具体的実施手順-第一回-

薬学部が6年制になり、薬局が医療提供施設になり、薬学部・薬剤師・薬局への社会的な期待は大きくなってきています。 将来的展望として独立開局をお考えの薬学部学生、勤務薬剤師の皆さまは、是非ご自身の理想と...
→もっと読む

【第62回】国民の健康な生活を確保する薬剤師の任務。

●薬剤師任務のバランスとってますか? 薬剤師法 (薬剤師の任務) 第一条 薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民...
→もっと読む

【第59回】薬学部カリキュラム概要ーー6年制で学ぶこと。

●6年制薬学部カリキュラム概要 <1年次>薬学部における基礎的な知識を習得(読解力、コミュニケーション力) ↓「早期体験実習」 ↓ 臨床現場体験により、芽生え、感動、疑問等による“学業へ...
→もっと読む

【第58回】地域包括ケアシステム参加型薬局への階層別展開。

●着実な階層別展開から地域包括ケアシステム参加型薬局へ。 <保険薬局の階層別展開> 1.社会保障制度(13)、保険薬剤師・薬局法規・倫理(56) 医薬分業歴史(35)⇒保険薬...
→もっと読む

【第57回】2018年に向け、自薬局の将来展望を描くために。

●保険薬局における三術について。 1.仁 術 ・「医は、仁術」は、人命を救う博愛の道である。(広辞苑) ・医療倫理の中心的標語として用いられてきた。 ・薬局は、医療提供施設としての...
→もっと読む

【第55回】ご存知ですか?国際薬学連合の「薬剤師の誓い」。

●国際薬学連合(International Pharmaceutical Federation, FIP)--薬剤師の誓い。 私は、薬剤師として、人類のために奉仕すること、 また自分の職能にお...
→もっと読む

【第54回】保険薬剤師の3C活動について。

●保険薬剤師のP3C活動とは? P3C活動とは、<P3+3C+PC活動>という意味です。 ①P3(P:Pharmacy 薬剤師、薬局) P1:処方箋薬剤師の種類と数を確認して投薬 ...
→もっと読む

【第53回】処方箋応需増加のメカニズムについて。

●処方箋応需増加メカニズムの戦略立案を。 1.新規来局戦略立案(新規処方箋応需) 2.継続来局戦略立案(処方箋固定化・「かかりつけ薬局・薬剤師」) 3.面処方箋獲得戦略立案(「口コミ・紹介効...
→もっと読む

【第52回】平成28年度診療報酬・調剤報酬改定の答申ーーその発言骨子ーー。

●「門前」から「かかりつけ」へ、そして「地域」への強い方向性。 具体的な個別改定項目を見ると、今回の改定は、患者のための薬局ビジョンの副題である 「門前」から、「かかりつけ」、そして「地域」へ...
→もっと読む

【第51回】薬局機能としての 「かかりつけ薬剤師」をめざして。

●地域の住民・患者様から信頼される「かかりつけ薬剤師」 今回の調剤報酬改定において、「かかりつけ薬剤師」がクローズアップされています。 新設の点数を取得することも必要ですが、保険薬局の運営にあ...
→もっと読む

【第50回】保険薬局における“口コミ・紹介効果”とは?

●保険薬局の競争原理が発生。さて、あなたの薬局はどうする? 平成28年における保険薬局業界は、まず調剤報酬改定が実施され、昨年まとめられた「患者のための薬局ビジョン」の実現に向け、厚労省は点数誘...
→もっと読む

【第49回】かかりつけ薬局と健康サポート薬局との関係は?

●管理栄養士の存在価値を考えよう。 かかりつけ薬局と健康サポート薬局との関係は?)> 医薬分業の目指す姿とは、薬局が「かかりつけ薬局」として、服用薬など患者情報の一元管理や在宅での服薬管理...
→もっと読む

【第48回】薬局における管理栄養士活動の現状と問題点。

●薬局における管理栄養士活動の認知度・必要性。 <認知の3ステップ(薬局開設者、薬剤師、地域住民等)> 1ステップ:薬局における管理栄養士の雇用・雇用形態        (雇用有無、正規...
→もっと読む

【第47回】患者様(処方箋)の流れに伴う、保険薬局経営、運営の方向性。

●患者様(処方箋)の流れに伴う、保険薬局経営、運営の方向性。 <現状維持>  ・調剤報酬点数の減少(処方箋単価の減少)  ・薬価差益の減少  ・薬局の競争激化(処方箋枚数の減少)  ...
→もっと読む
▲ページTOP