• TOP
  • 志すもの
  • 薬局未来塾
  • 鍛!薬剤師力
  • 会社概要
  • お問い合わせ
TOP > 鍛!薬剤師力 > 【第117回】意識改革を成功させる行動変容への手順。
鍛!薬剤師力

鍛!薬剤師力

【第117回】意識改革を成功させる行動変容への手順。

●明確に「Aという意識」を「Bという意識」に変え、行動変容へ。

 ①今の意識の何に問題があるのか?
   ↓  ↓
 ②「Aという意識」を「Bという意識」に変えよう!
   なぜ、必要なのか?   <意図の改革>
   ↓  ↓
 ③どう変わればいいのか?
   具体的な方法・手段は? <戦略・戦術>
   ↓  ↓
 ④注意の改革を図る!
   会社<理念・ビジョン>、店舗、個人目標設定。
               <注意の改革>
   ↓  ↓
 ⑤リーダーの率先垂範!
   尊敬感構築(継続管理・指導、人事評価)
               <意識改革>
   ↓  ↓
 ★★行動変容へ★★

■意識改革を成功させるには?

経営力=仕組み(仕事の進め方、行動パターン、マネジメントスタイル等々)
            +
    匠(技術力、経験、資産))×意識

「今の意識の何に問題があり、どう変わればいいのか?」ということが分かっていなければ、意識改革はできるはずもありません。しかし、漠然と意識改革とお題目を唱えるリーダーが多いのも現実です。
今の「Aという意識」を「Bという意識」に変えよう!と、明確に意識を集中できるよう伝えることが、意識改革の柱になってきます。
抽象性をできる限り排除し、具体的に「何を意識改革すべきか?」を伝えることが重要です。「何を」が具体的であればあるほど、部下は意識改革しやすくなります。

「意図の変革」→「注意の変革」→「意識変革」→「行動変革」

という形で行動変革は起こっていくのです!

◎現状の医薬分業は、国民に対してどのように理解されているのか?
 このままで良いのか? 現状の意識に問題はないのか?改めて、考えて下さい。

▲ページTOP