• TOP
  • 志すもの
  • 薬局未来塾
  • 鍛!薬剤師力
  • 会社概要
  • お問い合わせ
TOP > 鍛!薬剤師力 > 【第130回】0410対応と改正薬機法における「オンライン服薬指導」の相違点。
鍛!薬剤師力

鍛!薬剤師力

【第130回】0410対応と改正薬機法における「オンライン服薬指導」の相違点。

●「オンライン服薬指導」今後の方向性とは。

「0410」対応(新型コロナウイルス感染症拡大)と令和2年9月1日施行の改正薬機法における<オンライン服薬指導>の相違点を簡単にまとめてみます。

■「0410」対応オンライン服薬指導。

・使用する情報通信機器:音声のみでも可能
・対象となる患者:当該薬局が初診、再診どちらでも可能
         医師の診察は対面、オンラインどちらでも可能
・服薬指導の方法:オンラインのみでも可能
・算定可能な点数:対面と同様
・服薬指導計画の作成:必要なし

■改正薬機法によるオンライン服薬指導

・使用する情報通信機器:音声と映像でお互いに確認しながら通話ができる
・対象となる患者:同一内容又は準ずる内容の処方箋を対面で服薬指導したことがある場合のみ
 医師の診療をオンラインで受けている
 3月以内に薬剤服用歴管理指導料1か2を算定
・服薬指導の方法:オンラインと対面を組み合わせて実施
         頻度等を服薬指導計画に記載
・算定可能な点数:薬剤服用歴管理指導料4を月1回
・服薬指導計画の作成:必要

◎両者を比較すると、今後は「0410」対応が恒久化される方向性を感じます。
◎オンラインシステムをただ<服薬指導のみ>として使うのではなく、
「かかりつけ薬局」の武器として、生活指導全般に使用していくことを考えるべき時代でしょう。

▲ページTOP